解体工事業 〔 木造、RC造、SRC造 〕

老朽化して危険になった建築物は解体しなくてはなりません。損傷や老朽化が著しい場合は行政によって命じられる場合もあります。それ以外の場合でも道路拡張や区画整理などによる理由で解体が命じられる場合や、予期せぬ災害に見舞われることもあります。

当社では、解体工事からアスベストの除去までの業務を承っております。中間業者やブローカーを一切通さず、一貫して当社で工事を請け負っておりますので、安価な予算をご提示できます。

解体工事いろいろ

建築物解体

建築物解体

木造一般住居はもちろん、軽量・重量鉄骨建物、RC建造物、プレハブ、などの建物解体工事、駐車場(立体含)、土間コンクリート、アスファルト、ブロック、フェンスの撤去処分、さらに立木・生垣の撤去処分なども行っております。

現状回復

現状回復

「原状回復工事」とは、賃貸物件に発生する工事です。借り主、貸し主のいずれかの過失によって建物の価値が減少した場合や、通常の使用では考えられないような損耗が見られた場合に行なわれます。

国土交通省では「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」の中で、行なわなければならない原状回復工事について厳密に規定しています。

内装解体工事

内装解体工事

店舗や社屋の改装、リフォームやリノベーションなどの理由で、建築物の内装だけを解体する場合もあります。

店舗、厨房、ビル、マンション、住宅などの内装解体工事だけではなく、工事に伴って出た不要品の処理、買い取りなども責任を持って行ないます。また施工期間にはお荷物などを預かるサービスなども行なっております。

アスベスト解体

アスベスト解体

人体に深刻な被害を及ぼすアスベストは、その解体と除去に関しても慎重に行なわなくてはなりません。

当社はアスベスト除去の資格を持っており、その取り扱いには万全を期しています。アスベストの粉塵を飛散させることがないよう、完全に隔離した上で行なっていますので、周囲の環境には影響を与えません。

解体工事の流れ

北関東環境開発(株)では、中間業者や下請けなどを挟むことなくお見積りから始まり、工事完了まですべての作業を当社で行なっております。
解体工事のお問い合わせから、施工完了までの詳しい流れは解体工事の流れ 】ページをご覧ください。 

解体工事 Q&A

解体工事に関するよくある質問をまとめました。詳しくは解体工事Q&A 】ページをご覧ください。

▲ページトップへ戻る

解体工事の作業風景

解体前

解体工事の作業風景

解体後

▲ページトップへ戻る
お問合せ

北関東環境開発株式会社
〒329-2746
栃木県那須塩原市四区町696
TEL:0287-37-7044
FAX:0287-36-8780

 営業時間  月~土 8:00~17:00
 定 休 日   日曜・祝日

 

 

平成29年12

2627

28

29

301 2

3

4

5

6

7 8

9

10

11

12

13

14 15

16

17

18

19

20

21 22

23

24

25

26

27 28

29

30

平成30年1

311

2

3

45 6

7

8

9

10

11 12

13

14

15

16

17

18 19

20

21

22

23

24

25 26

27

28

29

30

31 1

2

3

・小さな事を地道に続ける姿勢と精進する心を忘れない。

社会に貢献し、地域社会で無くてはならない企業となる。

利益を追求し、社員とその家族の幸福を追求する。    


社員一人一人が企業人である事を自覚し、専門知識を常に勉強、追求する意識を持ち続ける事。

・お客様に対するサービス精神を忘れない。

幸福は会社のために個人のために。