解体工事Q&A

Q1:アスベストってなに?

A

石綿(アスベスト)とは、せきめん・アスベストとも呼ばれており、細長い形の天然鉱物繊維で種類が6種類あります。その内、建築材料として使用されたのが、蛇紋石系のクリソタイル・角閃石系のアモサイト・クロシドライトの3種類です。 特性として、高い抗張力・密着性(親和性)の良さ、不燃性・耐久性・耐候性等、優れた特性を持ち、経済性にも富んでおり、1970年~1990年に年間約30tと、大量に輸入され、はじめは織物の使用が主な用途でしたが、石綿の特性を生かし、約8割が建築材料に使用されてきました。建築物の老朽化による、解体工事の増加で、その石綿を切ったり削ったりすると、目に見えない石綿粉じんとなり、空気中を長時間浮遊します。これを吸い込んでしまうと、石綿肺・肺がん・中皮腫等の疾病の危険性が高まります。

▲Q&A一覧へ戻る

Q2:飛散性アスベストと非飛散製アスベストってどこが違うの?

A

アスベスト(石綿)を使用していた建材などの製品が廃棄物となったもの。大気中に飛び散りやすい吹き付けアスベストなどの「飛散性アスベスト」に対してこう呼ばれる。非飛散性アスベスト廃棄物は建築解体などに伴って発生し、そのままでは飛散性はない。しかし、破砕などによって表面や破断面からアスベストが飛散して、人の健康や生活環境に対して被害を及ぼすおそれがある。

主な種類としては、

1) 波板やボードなどのスレート
2) 住宅屋根用化粧スレート
3) パーライト板
4) 珪酸カルシウム板
5) スラグ石膏板
6) ビニル床タイル
7) 煙突用ライニング材――などがある。

▲Q&A一覧へ戻る

Q3:解体工事って誰でもできるの?

A

解体工事業を営む方は、都道府県知事の登録が必要です。建設業法の「土木工事業」、「建築工事業」、「とび・土工工事業」の許可を受けている場合は、解体工事業登録の対象外です。 500万円以上の建設工事(建築一式工事にあっては、1,500万円以上又は延べ面積150平方メートル以上の木造住宅工事)を請け負おうとする場合は建設業の許可を受けなければなりません。

▲Q&A一覧へ戻る

Q4:委託契約書ってなに?

A

産業廃棄物の処理を他人に委託するとき(処理業者が産業廃棄物の処理を受託するとき)は、書面による契約の締結が必要です。排出事業者は、どのような種類の廃棄物をどの程度の量を排出し、どのような処理を委託するのかといった内容をあらかじめ明らかにし、その処理を行う処理業者と書面で処理委託の契約を締結しなければいけません。
その書面が産業廃棄物処理委託契約書です。
産業廃棄物処理業者は、その契約内容に従い、廃棄物の処理を行います。

▲Q&A一覧へ戻る

Q5:マニフェストってなに?

A

産業廃棄物管理票(マニフェスト)とは、排出事業者(中間処理業者を含む)が、産業廃棄物の処理(運搬又は処分)を他人に委託する際に、産業廃棄物の処理の流れを自ら把握し、不法投の防止などの適正な処理を確保するためのものです。産業廃棄物を生じる排出事業者にマニフェストの交付が義務付けられています。マニフェストには、紙マニフェストと電子マニフェストの2種類があります。

▲Q&A一覧へ戻る

Q6:解体工事費を安くできる方法はあるの?

A

  1. 解体工事にかかる項目として、工事代の他に処分代が発生します。なるべく安くするためには、生活ごみをなるべく分別して自ら処分をする。
  2. 住宅のハウスメーカー建て替え工事を含めて、解体工事を依頼すると、解体工事費にハウスメーカーが管理費を上乗せする場合がある。よって、解体工事が高額になる場合があります。
  3. ハウスメーカー同様に解体工事業者を選んでも、実際の工事を下請け業者が行う場合は、元請業者が管理費を上乗せして見積する場合があります。

なるべくなら、実際に工事を行う業者に直接依頼したほうが安心です。

▲Q&A一覧へ戻る

Q7:産業廃棄物と一般廃棄物ってどうちがうの?

A

廃棄物は「産業廃棄物」と「一般廃棄物」に区別され、「産業廃棄物」とは、事業活動に伴って生じた、自ら利用できなくなったり、他人に有償で売却できない ために不要になったものを言います(下図参照)。一方、「一般廃棄物」とは、産業廃棄物以外のものを言い、家庭からのごみやし尿、事業所からの紙くずなど が該当します。廃棄物処理法で定める廃棄物とは、ごみ、燃え殻、汚泥、ふん尿、廃油、廃酸、動物の死体その他の汚物又は不要物で固形状または液体状のもの 全てを指します(ただし、放射性廃棄物は除きます)。

廃棄物の分類図

※事業系一般廃棄物とは以下のものを指します。

  • 事業所、工場、商店等から出る紙くず、布きれ、梱包に使用した木くず、ダンボール等
  • 飲食店、食堂等から出る残飯、厨芥類
  • 小売店等から排出される野菜くず、魚介類等

産業廃棄物の分類

産業廃棄物は以下のように分類されています。

区分 種類 具体例
あらゆる事業活動に伴うもの 1 燃え殻 石炭がら、焼却炉の残灰、コークス灰、活性炭など
2 汚泥 工場排水処理や製品製造工程などから、排出される泥状物、活性汚泥法による余剰汚泥、洗車場汚泥等
3 廃油 潤滑油、洗浄用油、切削油、鉱物性油、タールピッチ、溶剤等
4 廃酸 廃硫酸、廃塩酸、写真定着廃液等すべての酸性廃液
5 廃アルカリ 廃ソーダ液、金属石鹸液、写真現像廃液等すべてのアルカリ性廃液
6 廃プラスチック類 廃合成樹脂建材、廃発砲スチロール、廃タイヤ(合成ゴム)等
7 ゴムくず 天然ゴムくず(廃タイヤは合成ゴムのため廃プラスチック類)
8 金属くず 研磨くず、切削くず、空き缶、スクラップ、鉄骨・鉄筋くず等
9 ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず ガラスくず、タイル衛生陶器くず、耐火煉瓦くず、石膏ボード等
10 鉱さい 高炉、転炉、電気炉の残さい、ボタ、不良鉱石等
11 がれき類 コンクリート破片、レンガ破片、かわら破片等工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたもの
12 ばいじん 大気汚染防止法に規定するばい煙発生施設、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類等の焼却施設において発生するばいじんであって集じん施設で集められたもの
特定の事業活動に伴うもの 13 紙くず 以下の業種からの紙くずに限る(それ以外の業種からものは事業系一般廃棄物)。
建設業に係るもの(工作物の新築、改築又は除去により生じたもの)、パルプ製造業、製紙業、紙加工品製造業、新聞業、出版業(印刷出版を行うものに限る)、製本業、印刷物加工業
14 木くず 以下の業種からの木くず、おがくず、パーク類等に限る(それ以外の業種からものは事業系一般廃棄物)。
建設業に係るもの(工作物の新築、改築又は除去により生じたもの)、木材・木製品製造業(家具の製造業を含む)、パルプ製造業、輸入木材卸売業
15 繊維くず 以下の業種からの木綿くず、羊毛くず等の天然繊維くずに限る(それ以外の業種からものは事業系一般廃棄物)。
建設業に係るもの(工作物の新築、改築又は除去により生じたもの)、衣服その他繊維製品製造業以外の繊維工業
16 動植物性残さ 以下の業種からののりかす、醸造かす、あめかす、魚及び獣のあら等に限る(それ以外の業種からものは事業系一般廃棄物)。
食料品製造業、医薬品製造業、香料製造業
17 動物系固形不要物 と畜場で解体等をした獣畜や、食鳥処理場で食鳥処理した食鳥に係わる固形状の不要物(それ以外の業種からものは事業系一般廃棄物)
18 動物のふん尿 畜産農業から排出される牛、馬、豚、にわとり等のふん尿(それ以外の業種からものは事業系一般廃棄物)
19 動物の死体 畜産農業から排出される牛、馬、豚、にわとり等の死体(それ以外の業種からものは事業系一般廃棄物)
20 13号廃棄物 1~19の産業廃棄物を処分するために処理したものであって、1~19に該当しないもの(コンクリート固形化物等)
▲Q&A一覧へ戻る
お問合せ

北関東環境開発株式会社
〒329-2746
栃木県那須塩原市四区町696
TEL:0287-37-7044
FAX:0287-36-8780

 営業時間  月~土 8:00~17:00
 定 休 日   日曜・祝日

 

 

平成29年12

2627

28

29

301 2

3

4

5

6

7 8

9

10

11

12

13

14 15

16

17

18

19

20

21 22

23

24

25

26

27 28

29

30

平成30年1

311

2

3

45 6

7

8

9

10

11 12

13

14

15

16

17

18 19

20

21

22

23

24

25 26

27

28

29

30

31 1

2

3

・小さな事を地道に続ける姿勢と精進する心を忘れない。

社会に貢献し、地域社会で無くてはならない企業となる。

利益を追求し、社員とその家族の幸福を追求する。    


社員一人一人が企業人である事を自覚し、専門知識を常に勉強、追求する意識を持ち続ける事。

・お客様に対するサービス精神を忘れない。

幸福は会社のために個人のために。