経営理念

・『継続』 変化に対応しながら小さな積み重ねを続け、精進する心をもつ。

・『貢献』 地域・社会・人々に貢献できる企業となる。

・『幸福』 仕事を通じてお客様と従業員の幸福を追い求める。    

経営方針

・社員一人一人が企業人である事を自覚し、専門知識を常に勉強、追求する意識を持ち続ける事。

・お客様に対するサービス精神を忘れない。

幸福は会社のために個人のために。

会社案内

自然は祖先からの預りもの

わたくしたちは、土木事業・重機類の請負から運輸にかかる仕事のほかに、今もっとも必要とされている「産廃処理問題」を企業グループによって専門会社を設立し、環境浄化に向かって日々努力をしております。

「かけがえのない地球」そして「先祖が残してくれた豊かな自然」。地球が誕生して以来、様々な自然現象が繰り返されてきました。自然災害がその「証し」ですが、それよりも人間社会の自然に対する「無意識公害」も目立ちます。

自然は恐る

「豊かな自然も、資源は有限」です。わたくしたちは「自然」に素直でなければなりません。わたくしたちはの企業は、この「有限」の資源をいかに活かすか、そのリサイクルに懸命に取り組んでいます。 

リサイクル施設の充実

再資源として活かせるものは、徹底して再利用が我が社のモットーです。そのためには中間処理施設も整っています。

「生活」と「環境問題」は、一体です。わたくしたちは「恵み」を与えてくれた海や河川、そして湖沼や山々。この自然がわたくしたち人類(もちろん動植物も)を育くんで下さった「母なる大地」です。

しかし、使い捨てた「産廃物」までは、処理してもらえません。これは人類の犯した「報い」であり、限られた資源への再利用を図り、「母なる大地」戻せ、とわたしたちへの「愛のムチ」として投げ与えた教訓ではないでしょうか。 わたくしたちは「自然」への恩返しをするため、これからも精一杯頑張って参る所存です。 

会社概要

商号 北関東環境開発株式会社
設立 平成3年5月
本社 栃木県那須塩原市四区町696番地
工場 栃木県那須塩原市四区町730番地32
役員 代表取締役 奥田 美弘
資本金 2,500万円(平成24年4月1日現在)
売上高 106,217万円(令和3年度【8月決算】)
事業内容
  • 産業廃棄物収集・運搬業
  • 産業廃棄物処分業 中間処理施設【破砕、剥離】
    ・がれき類(廃コンクリート、廃アスファルト、廃石材)
    ・ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず
  • 再生砕石製造、販売(RC10-0、RC40-0、RC80-0、RC100-0、RB40-0)
  • 建物・構築物解体業
  • 運送業
  • 土木工事事業
  • 産業廃棄物に関するコンサルタント業
  • 環境分析業
従業員

45名

許可・認可
  • 栃木県  産業廃棄物処分業    許可番号 第00920010401号
  • 栃木県  産業廃棄物収集運搬業  許可番号 第00900010401号
  • 茨城県  産業廃棄物収集運搬業  許可番号 第00801010401号
  • 埼玉県  産業廃棄物収集運搬業  許可番号 第01101010401号
  • 福島県  産業廃棄物収集運搬業  許可番号 第00707010401号
  • 栃木県 砂利採取業 登録番号 栃木第659号
  • とちの環エコ製品 (再生路盤材)(盛土材)
  • 一般建設業(般-29)第23891号
  • 一般貨物自動車運送業 関自貨 第908号
  • エコアクション21 認証・登録番号0013039
取引銀行 大田原信用金庫 西那須野支店・栃木銀行 三島支店
所属団体
  • 公益社団法人 栃木県産業資源循環協会
  • 建設廃棄物協同組合(環境大臣・国土交通大臣許可)
  • 一般社団法人 栃木県解体業協会
  • 一般社団法人 栃木県トラック協会
  • 西那須野商工会
主要取引先 栗野興産(株)、(株)IHIインフラ建設、(株)生駒組、(株)猪股建設、いずみ産業(株)、エコワスプラント(株)、(株)大岩建設、(株)大鹿建設、(株)オーリス、鹿島道路(株)、(有)熊田工業、(株)熊本商店、(株)久保重機建設、積水ハウス(株)、(株)共同土木、栃木セキスイハイム(株)、(株)谷黒組、(株)高久組、万建設興業(株)、大成ロテック(株)、(株)竹中土木、東明興業(株)、大建工業(株)、東和アークス(株)、栃木砿業(株)、東武建設(株)、戸田建設(株)、宮沢建設(株)、前田建設工業(株)、前田道路(株)、(株)メルテック、(株)NIPPO、日本道路(株)、(株)日産クリエイティブサービス、日成ストマックトウキョー(株)、他【順不同】

令和4年5


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234

令和4年6月


2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012

令和4年7


262728293012
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456

会社沿革

昭和44年現住所にて現在会長の奥田正美が奥田建材を創業
昭和53年 奥田商事運輸有限会社を設立 資本金1,400万円
建設業許可取得・一般貨物運送業(営業ナンバー)取得し法人として開始
平成3年5月 北関東環境開発株式会社を設立 代表取締役 奥田正美
産業廃棄物処理業をスタート
平成12年

奥田商事運輸有限会社 代表取締役 奥田美弘就任

平成16年1月
北関東環境開発株式会社 創業者の奥田正美が代表取締役会長に昇格・代表取締役に叶内健二が就任
平成24年4月平成3年より20年に渡り奥田商事運輸有限会社と北関東環境開発株式会社の2社体制にて営業。
昭和53年開業した奥田商事運輸有限会社が統合合併のため平成24年3月で34年の歴史に終止符を打つ。
運送・土木工事・解体工事部門として業務体制を開始。
北関東環境開発株式会社 代表取締役 奥田千代子就任
令和元年9月代表取締役 奥田美弘 就任