解体工事業

解体工事業
解体工事の流れ
解体工事費削減術

解体工事業

老朽化して危険になった建築物は解体しなくてはなりません。損傷や老朽化が著しい場合は行政によって命じられる場合もあります。それ以外の場合でも道路拡張や区画整理などによる理由で解体が命じられる場合や、予期せぬ災害に見舞われることもあります。

当社では、解体工事からアスベストの除去までの業務を承っております。中間業者やブローカーを一切通さず、一貫して当社で工事を請け負っておりますので、安価な予算をご提示できます。

解体工事いろいろ

建築物解体

建築物解体

木造一般住居はもちろん、軽量・重量鉄骨建物、RC建造物、プレハブ、などの建物解体工事、駐車場(立体含)、土間コンクリート、アスファルト、ブロック、フェンスの撤去処分、さらに立木・生垣の撤去処分なども行っております。

現状回復

現状回復

「原状回復工事」とは、賃貸物件に発生する工事です。借り主、貸し主のいずれかの過失によって建物の価値が減少した場合や、通常の使用では考えられないような損耗が見られた場合に行なわれます。

国土交通省では「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」の中で、行なわなければならない原状回復工事について厳密に規定しています。

内装解体工事

内装解体工事

店舗や社屋の改装、リフォームやリノベーションなどの理由で、建築物の内装だけを解体する場合もあります。

店舗、厨房、ビル、マンション、住宅などの内装解体工事だけではなく、工事に伴って出た不要品の処理、買い取りなども責任を持って行ないます。また施工期間にはお荷物などを預かるサービスなども行なっております。

アスベスト解体

アスベスト解体

人体に深刻な被害を及ぼすアスベストは、その解体と除去に関しても慎重に行なわなくてはなりません。

当社はアスベスト除去の資格を持っており、その取り扱いには万全を期しています。アスベストの粉塵を飛散させることがないよう、完全に隔離した上で行なっていますので、周囲の環境には影響を与えません。

解体工事の流れ

北関東環境開発(株)では、中間業者や下請けなどを挟むことなくお見積りから始まり、工事完了まですべての作業を当社で行なっております。
解体工事のお問い合わせから、施工完了までの詳しい流れは解体工事の流れ 】ページをご覧ください。 

解体工事 Q&A

解体工事に関するよくある質問をまとめました。詳しくは解体工事Q&A 】ページをご覧ください。

解体工事の作業風景

解体前

解体中

解体後

解体工事の流れ

1.お問い合わせ

お客様から当社に解体工事についてのお問い合わせ。

2.現地調査

見積金額を計算する上で、実際の現地の状況を確認させていただきます。
解体工事の場合、新築工事と違って図面等が無いことが多いため、立地や使用している材料等の確認をさせていただきます。
また、解体に伴って発生する廃棄物の量によって処分費が大きく変わります。

3.解体工事の御見積お渡し

現地確認や御見積りは無料です。契約が不成立でも費用は一切いただきません。

4.工事契約成立

工事金額、工事代金のお支払い等についての双方が合意の上、工事契約を交わします。

5.建設リサイクル法における事前届出

解体建物の延床面積が80㎡を超える場合、建設リサイクル法による事前届出が義務付けられているため、各市町村の役所へ解体する旨を届け出る必要があります。(当社)

6.近隣事前挨拶

解体工事について、全体の概要と騒音や粉塵等に対するご理解をいただくためのご説明をさせて頂きます。近隣のクレーム等が発生しないよう、当社スタッフが誠意をもって対応します。

7.配線、配管の取外し依頼

電気、ガス、水道、電話等の利用停止の手続きをしていただきます。(お客様ご自身)

8.解体工事開始

工事看板を設置し、工事の安全性・騒音・粉じんを避けるため、養生(足場養生)を行います。
工事車両の進入路の確保をしてから、解体工事を開始します。

9.解体工事終了

工事現場周囲の清掃を行います。

10.近隣事後挨拶

工事中にトラブル等問題がなかったかどうか確認をします。

11.お客様による現地確認

お客様が現地確認が出来ない場合は、完了後の写真をお送りします。

12.工事代金の請求

工事契約書記載以外の追加請求は一切ありません。

13.工事代金の入金確認

14.建物滅失登記 関係書類のお渡し

建物滅失登記を行ってください。この手続きを行うことで、建物にかかる固定資産税がなくなります。建造物の取壊し証明書を発行いたしますので、登記申請書に添付して司法書士にご提出下さい。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 

北関東環境開発株式会社

業者の方はもちろん、一般のお客様にも『親切・丁寧・安心・安全』に対応させていただきます。
小さな工事から大きな工事までお任せください。


電話:0287-37-7044

担当:工事部 渡辺、志水 まで

解体工事費削減術

 1  売却できるものは、リサイクルショップに買い取ってもらう。

 1  売却できるものは、リサイクルショップに買い取ってもらう。

 2  無料で引き取ってもらえるものは、市町村等のゴミ収集で引き取ってもらう。(新聞、雑誌、空き缶、空き瓶など・・・)

 2  無料で引き取ってもらえるものは、市町村等のゴミ収集で引き取ってもらう。(新聞、雑誌、空き缶、空き瓶など・・・)

 3  家電製品や粗大ゴミは、市町村の担当課にお問い合わせくだい。(有料ですが、とても処分費が安いです。)  また、市町村の清掃施設に個人でも持込が可能なので、一般ゴミとして扱ってくれます。(処分費は有料です。)  3  家電製品や粗大ゴミは、市町村の担当課にお問い合わせくだい。(有料ですが、とても処分費が安いです。)  また、市町村の清掃施設に個人でも持込が可能なので、一般ゴミとして扱ってくれます。(処分費は有料です。)

 3  家電製品や粗大ゴミは、市町村の担当課にお問い合わせくだい。(有料ですが、とても処分費が安いです。)

また、市町村の清掃施設に個人でも持込が可能なので、一般ゴミとして扱ってくれます。(処分費は有料です。)